2016.09.10 (土)                        K2Couple No.0558

地蔵岳
あかぎ じぞうだけ(群馬県)
1,674m
最終兵器(末孫)の赤城詣で

コース最大標高差 : 185
コース累積標高差(+) : 185
コース累積標高差(−) : 185
コース距離 : 1.6 km
行動時間 : 1'55"
               * 距離と累積標高差はKASHMIR 3Dによる概算値です  猪突猛進型のLEFT君を気遣うお姉ちゃん

  7:20 = 前橋 = 8:45 小沼駐車場 8:50 = 8:55八丁峠PS

 八丁峠PS 9:00 - 9:40 地蔵岳(L) 10:30 - 10:55 八丁峠PS

 八丁峠PS 11:00 = 11:05 ビジターセンターp = 覚満淵散策 = 11:45 ビジターセンター 11:55 =

 12:00 赤城神社 12:25 = 13:35 慈眼寺墓参り 13:45 = 14:10 川田梨園 14:25 = 14:35


地蔵岳の場所


久しぶりに宇都宮から孫たちがやってきた。
休日は家を空けることが多いので、なかなかお相手できなくてごめんね。

ぐずついたお天気が続く中、きょうは秋晴れのような爽やかさ。
一番下の孫(4歳)にとって、初めての山登りです。
定番の赤城地蔵岳で、思いっきり羽を伸ばして楽しんでこよう

周囲の山、浅間山も草津方面も見えていたので、ひょっとしたら富士山も見えるかもと期待して。
パパの車に6人乗って出発です。

 横手大橋付近から、爽やかクッキリ赤城山
 赤城大鳥居           ▲ 黒檜山は眺めるだけね

9月25日(日)に開催される予定の赤城ヒルクライム大会
試走車が大勢走っていますが、女性の姿もチラホラ見かけました。
中継点のテントで休憩してる人や、新坂平のセンター前広場は到着した選手たちで活況を呈しておりました。

小沼の上空も青一色、気持ちいいねえ。
家を出る時は24℃、小沼駐車場は16℃、山登りには最適な気候です。

トイレ休憩のついでに、小沼の見えるところまで行ってみます。
トンボがサワサワ舞っている。

 小沼駐車場でトイレ休憩でしゅ
 トンボと遊ぶ     ▲ はいっ、登山口までもう少し車で行きますよ

八丁峠には先着1台さん。
お菓子の入ったリュックを背負って、帽子をかぶって準備万端。

はいっ、取り付きは登りやすい階段ですよ。
風は爽やかですが、まだまだ日差しは強いです。
出だしは何気にハイペースで、息が上がる

もっとゆっくり行こうよ
この時期花はほとんどなく、何とも寂しい道ですがね (^^;

 和気あいあい
 秋空に向かって              ▲ 疲れ知らず

お姉ちゃんはどんどん先に行っちゃいますよ
トップを譲りたくないお姉ちゃんなのだ。
ちなみにお姉ちゃんの山デビューは、藤岡庚申山だったね。

さすがに小2のお姉ちゃんは転びませんが、弟は足元がおぼつかない。
足の置き場を考えないものだから、滑ったり躓いたりそんなんばっか (^^;
必死に前に進もうとする気持ちは、充分評価に値しますけどね。

 お姉ちゃん 待って           ▲ やっぱり歳の順かい
                 ▲ そうそうそんな感じで、これからずっと仲良く共に歩んで下さいね
 小沼のガスで、残念ながら富士展望は絶望的          ▲ 万歳ポーズをプロデュース
                         ▲ はいっ♪ 山デビュー写真の出来上がり

 山頂めざして登るSAILちゃん         ▲ パパの監視下に置かれる4歳

がむしゃらに前に突っ込むさっちゃんですが、時々固まって動かなくなる。
どしたん?
だって虫がいるんだもん
威勢がいい割に、虫にはめっぽう弱いのだ。

そんなLEFT君ですが、山頂からの雄大な景色に感動したのか。
すげ〜を連発する。
そうだよ、山の景色はすげ〜んだよ
燧ヶ岳は見えていたのですが、谷川方面には雲が掛かっていましたね。

 山頂にとうちゃこ
 尾瀬 燧ヶ岳遠望              ▲ 大人の時間
 赤城大沼と黒檜山             ▲ 登頂記念の一枚
 大好物を背負って来たぜ            ▲ 山ごはんタイムです

登山者はパラパラ、ちょこっとだけ姿を見せます。

はい〜、お待ちかねのランチですよ〜。
おばあちゃんが作った巻き寿司が並んで、果物もあるよ。
お湯を沸かしてカップラーメンを、コーヒーを

ランチのあとは、全員で石垣に腰掛けて記念写真です
空気はおいしいし、山は気持ちいいよ〜。

 ぼく 山デビューしました (^^               ▲ 全員揃って
キアゲハ ウスユキソウ キオン ウメバチソウ
リンドウ イタドリ マツムシソウ メギ
ズミ ゲンノショウコ イヌタデ トネアザミ
ノハラアザミ ツリガネニンジン ヤマラッキョウ イヌトウバナ ヒョウモンチョウ

雲が多くなっちゃったので、楽しみにしていた富士山は見えなかった。
またいつか見ようね。

イワイワの下りは濡れて滑る場所もあるので、さっちゃんはパパやママと交代しながら手を繋いで歩きます。 

さて次は何処にしようか。
下りたら覚満淵を一周してみようかね。

 帰るじょ〜
 とっとことっとこ          ▲ 二三回隙間に嵌ったかな
                                 ▲ ちょこっと休憩

  覚満淵散策

八丁峠からビジターセンターに移動しまして。
ソフトクリームでもと思ってましたが、涼しくなってきたのでボツ (^^;

覚満淵を一廻りするよ〜。
池の周りだから気を付けて歩いてね。
ここは忘れもしない、長野のCRIM君が池にダイブした魔のエリアだし

鹿避けの柵が設置されており。
ん?おじいちゃん これどうやって開けんの?

 赤城ビジターセンター
 覚満淵入り口         ▲ 鹿避けの柵、開け方わからず

覚満淵周回の前半戦は、桟橋歩きです。
過去に痛い経験をしているので、なるべく子供の手を引いて歩く。
ややガスっぽい散策でしたが、風も穏やかながら吹き抜ける。

後半戦は、夏草が覆いかぶさった狭い道。
ノアザミの葉っぱがチクチク痛て〜。

花は殆んど残ってなかった (^^;

ゴマナ マムシグサ エゾリンドウ ズミ
ナナカマド ノコンギク ニガナ キオン
アキノキリンソウ コシロネ トリカブト ワレモコウ

  赤城神社にて

覚満淵の散策を終え、赤城神社に移動。
息子一家は初めての訪問です。

きつつき橋の駐車場は、満車になるほど賑わっていました。
この時期でも、避暑目当てなんでしょうかね。
赤城山と湖の神様を祀り、人々の守護神として信仰される赤城大明神。
由緒ある神社なのだ。

 きつつき橋で            ▲ 格式高いエントランス
 おいちゃんの血 (^^;               ▲ ねこ大好き

お賽銭をあげて、皆んなで願掛けしましょう。
何をお祈りするの?
決まってるじゃん、広島カープの優勝祈願だよ
朱塗りの神社もカープカラー満載だし (^^

きょうの巨人戦に勝利して、大好きなカープが優勝しますようにって。
チャリンチャリンお願い。

 先ずは手を清めて               ▲ 優勝祈願

赤城神社を去るにあたり、大沼の淵に腰を下ろして群れる魚を眺める。
すっごくいっぱいいるね
そして皆んな元気に泳いでるよ。

この魚はね、鯉だよ鯉!カープだよ (^^
この巡り合せは、きっと勝てるって神様のお告げに違いないのだ

帰りに2ヵ所寄り道して家に帰る。

 ほら、見てみ         ▲ 赤城神社のカープ軍団だよ

家に帰ってTV観戦。

HIROSHIMA TOYO CARP 25年ぶり7回目のリーグ優勝
おめでとう。
すぐにでも広島に飛んで行きたい。

広島県人の誇り。
カープファンの心の支え (^^
野球ファンの皆さま たまにはカープにも良い思いをさせて下さいね。

 CENTRAL LEAGUE CHAMPIONS 2016