2017.11.24 (金)   ちょこっと雪                     K2Couple No.0586

裏妙義 紅葉谷
うらみょうぎ もみじだに(群馬県)
673m
散りもみじに、ドラマチックな雪が舞う

コース最大標高差 : 235
コース累積標高差(+) : 300
コース累積標高差(-) : 300
コース沿面距離 : 4.6 km
行動時間 : 4'20"

* 距離と累積標高差は GARMIN GPS data です

紅葉谷にて  散りもみじの絨毯
  7:40 = 藤岡IC(上信越道)松井田妙義IC = 8:25 国民宿舎裏妙義p
 国民宿舎p 8:45 - 8:55 登山口 - 9:35 馬頭観音 9:45 - 10:40 紅葉谷(L) 11:55 - 12:30 馬頭観音 -
 12:50 中木川渡渉 - 13:05 国民宿舎p

 国民宿舎裏妙義p 14:10 = 安中市(R18) = 15:20



  この地図は、国土地理院発行の地形図を使用したものである (経緯度線は20秒間隔)

裏妙義もみじ谷の場所


                                 ▲ 上信越道から、表妙義と冠雪の浅間山
裏妙義の紅葉は、先週末までが見頃だったらしいけど。
天気予報と仕事♂♀の調整がつかず、延び延びになってしまった。

終盤の妙義より、埼玉方面の旬の紅葉がいいんじゃない?
と提案しても、首を縦に振らなかったおいちゃん。
「赤城の詩」隊との昨年来の約束を、果たさないと気がすまないらしい。

8:17上信越道を下りた頃、赤城隊から
「寝坊しちゃった(^^;」 かと思ったら、「着いたよ~」 だって
集合時間は9:00 だったので、赤城隊の気合が伝わってきた。

 松井田妙義ICより表妙義白雲山と北東稜

一年ぶりに訪れる裏妙義国民宿舎。(昨年3月に閉館)
平日のため数台しか来ていない。
待ちくたびれた真吾さん りい様 おはようございます (^^

隣の車の千葉のお兄さんに、声掛けしてるおいちゃんです。
なんとまあ会話を交わしているうちに。
その方においちゃんの正体を見破られてしまったらしい。

高校も大学もおいちゃんと同じお兄さん。
しかもしかも、TUWVの5期後輩のワンゲルお兄さんだった。

こんな奇遇があるなんて
よりによって、平日金曜日の同時刻にここで会うか~。
奥様同伴で目的地も同じ紅葉谷。
興奮冷めやらぬまま、一足先に出発しますね。
きょうは朝から縁起のいい、貴重なプレミアムフライデー。

 国民宿舎の上に風穴尾根JP

天気は文句なしの快晴。
あとは、紅葉が待ってくれてるかだけが問題だ。

林道を離れ、登山道に入るポイントに到着。
標識がなければ、初めての人には気付きにくい登山口になっています。
知っていても、おしゃべりに夢中な時間帯ですからスルーしそうになる。

 後方は白雲山北稜             ▲ 紅葉してないなあ

沢から離れ少しづつ登って行きます。
全然紅葉がなくて (^^;
いえいえ、まだ杉の植林帯ですから。

きょうは平日、人は少ないのでのんびり歩けますね。
はらっぱは速く歩けないし

 変哲もない植林帯を行く

晩秋を迎え、辺りの景色はチョッと寒々としています。
途中の支尾根派生ポイントで、早々とプチ休憩にしましょう。
ここで後発隊カップルさんが追い付き、ニコニコ笑顔で前に出る。

やや急登の先に馬頭観音があり、お決まりの本格休憩ですね (^^

 馬頭観音さまに挨拶して

今朝は冷えましたが、登っているうちに暑くなり。
馬頭観音さまの前で、全員揃って一枚脱ぎましょう。

紅葉も最終盤を迎えつつあり、今まさに季節は秋から冬へと移るとき。
物悲しい秋の終わりを告げているようでした。

今回は紅葉の様子も心配ですが、はらっぱの膝も心配な訳で。
紅葉谷まで行けるかどうか、それが問題だ (^^;
先週の公園歩きはクリアーできたので、きょうは標高差200の挑戦です。

 さて、もう少し頑張ればあとは平らだ~
 枯れてるっぽいし (^^;           ▲ 落ち葉を踏んでゆるゆると

杉の植林帯を過ぎれば、明るい自然林に変わりますが。
赤も黄も何気に茶ばんで、彩やかさに欠ける。
梢の賑わいもスカスカだよ。
「歳相応の紅葉だ」 なんちゃって慰め会。

かつては広かった登山道という認識ですが、あちこち崩落して。
転がったらそこそこの高さがあるので、慎重になります。

 寂しい木立は晩秋を思わせ         ▲ 登山道の崩落が進んでいる

おしゃべりしながら歩を進めると、少しずつ色付いて。
谷を廻り込む毎に綺麗になって。
そして、小さな尾根に乗るといきなりの紅葉ゾ~ン
紅葉谷序章に足を踏み入れたようです。

突然別世界に飛び込んだような、相変わらずの妙義舞台が素晴らしい。
嬉しい

 紅葉谷序章              ▲ 撮りまくり大会

紅葉谷は、クライミングの帰りにたっくんと歩いたこと思い出す。
昨年一昨年は、ネットで知り合った山友さんたちと喜びを分かち合った。
紅葉の名所は多いけれど、妙義の紅葉は外せない。

街路樹が色付き庭の銀杏が黄色くなる頃に、妙義はシーズンを迎える。
低山ではあるが、他の山に比べて遅いほうだね。

 キレ~やね~       ▲ 表妙義金洞山鷹戻しが切れ落ちて
 青空に映える           ▲ 360゜楽しめる紅葉景色
 りい様 ナイスショット          ▲ 楽しんでは登るの繰り返し
                      ▲ もうじき落葉を迎えると思えばこそ、なお更に華やか
 メグスリノキ             ▲ また会いに来たよ

最初の紅葉ゾ~ンを過ぎた時点で感無量。
もう落葉してるかと心配でしたが、残っていてくれたのね (^^

そして序章の感動を引きずったまま、次は紅葉ゾ~ン第2幕です。
その間は地味な道を辿りますが。
文字通りの紅葉谷に期待がかかりますよ。

 はらっぱの膝はまだ大丈夫かな            ▲ 序章の余韻を胸に
 紅葉谷エリアに入ります          ▲ 真吾さんの足取りも軽やか

紅葉谷の華やかさは、私たちを待っててくれましたよ
秋の陽射しをたっぷり浴びて。
かろうじて残った紅葉さん ありがとう (^^

落葉寸前なのに美しき世界を繰り広げ。
素晴らしいとしか表現できないもどかしさが悲しくもあり。
単独でこの中に投げ込まれたら、人はどんな感慨に耽るのだろうか。

 やれやれ赤城隊 (^^         ▲ いっぱい写真を撮りましたね
                            繊細なもみじが妙義の美しさ
 ちんたら進みます               ▲ はいポーズ
 間に合って良かったね~          ▲ 見上げれば青空にもみじ
                              ▲ ゴツゴツの表妙義山稜

ランチ場所を探してウロウロするおいちゃんですが。
結局、去年と同じ場所に決定 (^^
ここでいきなり、おいちゃんの携帯紛失騒動勃発
紅葉谷直前に会社からメールがあり、ポケットにしまった筈なのに。。。
皆んなで、おいちゃんが歩いた場所を探しますが。
どこもかしこも、落葉で埋め尽くされた道と斜面で大変でした
諦めかけた頃、ランチ場所の下方でひょっこり発見。
ザックを降ろす時にポケットから落ちたらしい。
しかも悪いことに、紅葉色の携帯なのよ

 携帯騒動ランチ (^^;    ▲ 携帯捜索ありがとう (皆んなに迷惑かけました)

駐車場でお会いしたおいちゃんの後輩coupleさんにも迷惑かけた。
彼らと同じ場所でランチにしました。

話してるうちに彼の手からコッフェルが落ちて、斜面をころりん状態。
慌てて斜面を駆け下り、無事回収できました
奥様は仙台MGWVのOGで、おいちゃんの妹JUNと同期の親友だった
度重なる奇遇に呆然。
TUWVとMGWVの合ワンちっくに意気投合し、昔話が尽きない。

 仙台発ワンゲル3名          ▲ 何となく集まった人が被写体

 岡平隊は先に出発           ▲ 急に寂しくなったような

皆んなで記念写真を撮りっこしました。
いつの間にか曇り空になり風も強まってきたので、早々に撤収することに。
落葉に埋もれて、のんびりまったりする計画もあえなく沈。

そんなに長居したつもりはなかったけど。
おいちゃんのせいで、探し物に時間を取られて。
1時間以上も居たみたい。

 2017 紅葉谷訪問記念 (^^;           ▲ 青空は何処に行ったの
 にわかに寒々しく          ▲ 下の紅葉ゾ~ンに戻りました
 帰りの紅葉は寂しく            ▲ またまたメグスリノキ
 未練なのね            ▲ 散り紅葉ふかふか

紅葉谷を離れた直後から、白い物が落ちてきたの。
その時は風花かなと思ったのですが。
歩いてると本格的な雪に変わったのですよ。

まさか、きょう雪が降るなんて思いもしなかった訳で。
考えてみれば、冬型の気圧配置で日本海側は雪予報だもん。
チョッピリ嫌になったり嬉しかったり、複雑な心境で下ります。
手がかじかむ寒さ。

 この美しさを脳裏に焼き付けて下山             ▲ 雪の粒が大きいよ
 紅葉見物というより冬の到来         ▲ 植林帯に下っても吹き付けるし
 やや持ち直したか              ▲ 何気に寒そう
 ちょっと感傷的になってるかも             ▲ やあ綺麗だなあ

下るにつれ雪は止んで、また陽が射してきたの。
散りかけの紅葉を楽しんだ私たちへ、神様が下さった雪のプレゼント。
忘れられない思い出になりますね (^^

中木川に最接近するポイントは、かつての旧道との分岐。
分岐とはいえ、入らないようにロープが張られています。

「入る人がいるんだね~」 などと言いながら、入って行く♂二人あり。
ささやかな冒険心かも。
女性隊二人は案内指導遵守、正規道を帰ります。

 急いでも遅い (^^;
 中木川を渡渉して林道に這い上がる         ▲ 私たちは正規登山口に下りた

旧道の方が近道と思ったけど、地図で見たら殆んど変わらず。
かえって遠回りか (^^;
林道の紅葉は、綺麗さっぱり終わってました。
林道の奥で工事中なのか、コンクリのミキサー車が通る。

対岸の女子隊が垣間見えて、コールを送ったりします。
あほか。

 林道ポコポコ橋渡って            ▲ 国民宿舎のはらっぱ

男女それぞれ違う林道を歩いて、駐車場着。
岡平隊の奥様を交えて、JUNちゃんに しようかと思っていましたが。
彼らは千葉に向けて帰った後でした。

まあとにかく楽しい裏妙義の一日でした。
皆さま 心に残る思い出ありがとうございました。
また何時の日か、何処かでお会いできたら嬉しいです
その時までごきげんよう (^^

 9台の車のうち、フォレスター5台 (^^

紅葉谷では慌しく、下りは休まずに帰ってきたし。
食料がわんさと残ってたので、国民宿舎の東屋でランチ第2弾。
そしたらまた雪が降ってきた。
通り雨ならぬ通り雪?

最後に美味しい をいただいて解散となりました。
真吾さん提供のコーヒーにおいちゃんの水道水 いつものパターン (^^;

 賑やかに楽しく あとの祭り (^^             ▲ 幸せなひととき

   ☆ レポ作成に当たり、赤城の詩隊から提供された画像をたくさん使用しています。 この場を借りてお礼申し上げます。