2015.01.17 (土)                        K2Couple 番外編

高崎観音山
かんのんやま(群馬県)
227m
野鳥観察会は北風強く、烏川に転戦

 利根川水系烏川のブラックスワン

  9:30 = 10:00 観音山有料駐車場

 観音山有料駐車場 10:05 - 10:35 バードハウス(野鳥観察) 11:25 - 清水寺 - 11:45 そばっ喰ひ 13:00 - 13:10 観音山有料駐車場
 観音山有料駐車場 14:20 = 14:55 烏川岩倉橋(白鳥観察) 15:25 = 15:30

観音山の場所


「赤城の詩」真吾さん にお願いして、ちょうど一年ぶりのバードウォッチングです。
昨年の今頃も、こんな感じだったっけ (^^

天気予報は午前中は曇り、午後は晴れなので遅い方がいいかなと。
市営駐車場で10時にドッキングして。
改めまして、あけましておめでとうございます

ゆるゆると歩き始めますね。

 市営有料駐車場は閑散
 観音山遊歩道              ▲ ドライフラワー

この辺りは曇りと晴れの境界で、陽がさしたり曇ったり。
風やや強し。
しまった、トレッキングシューズ忘れた
(おいちゃんの役目なのに)

観音様 新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたしますね。

 マユミ
                               ▲ 高崎白衣大観音

彩やかな紅梅の写真を撮って。
きょうは白衣観音には寄らず、直接バードハウスへ向います。

早速、森の中を沢山の小鳥が行ったり来たり飛び交っています。
シジュウガラだったりヤマガラだったり。
そして、久し振りにコゲラを見ましたよ。

 紅梅           この時期には貴重な色香
 真吾さんに訊いてみよ              ▲ コゲラちゃん

 バードハウスにお邪魔すると、熱いお茶のサービス等で野鳥の会の方々の大歓迎を受けました。
 観察窓の先には、小鳥達が急がしそうに飛び回っています。
 もう少しゆっくりしてくれればいいのに ・・・

 昨年教えていただいた、メジロ、シメ、シジュウカラ、ヤマガラはちゃんと見分けがつきますけど (^^;
 その時に見なかった鳥に会えたことも嬉しかった。

 オオカワラヒワさん初めまして        ▲ シジュウカラ君あっち向いてホイ
 お馴染みヤマガラ君              ▲ メジロちゃん
 あんた誰だっけ               ▲ ヒヨドリ
 キジバト           ▲ あんたはシメさんかな

カメラをズームして待機しているのですが、何処に現れるか予測できないので上手く収まりません。
目と鼻の先に来てもとっさの対応ができず、モタモタしている間にいなくなってしまいます。

シャッターを押した時には、後ろを向いちゃったり飛んでったあとだったり。
ある意味ゲーム感覚で、歳甲斐もなく意地になってきますよ

いつまでも見ていたいけど、切り上げて帰りましょう。

 参道のお店

野鳥の森を散策するつもりでしたが、風が強いので中止。
正午も近いし、観音様もカットして食い気に走る。

今年も「そばっ喰ひ」で美味しい蕎麦を頂きますね (^^
何度食べてもまた食べたくなる美味しいお蕎麦ですぞ。

清水寺もスルーしてまっしぐら。

▲ 清水寺の石段を下りて
 そばっ喰ひ       ▲ 皆んなで美味しいお蕎麦を囲みます
                       ▲ 「そばっ喰ひ」 のお店から高崎市街地の眺め (赤城山には雪雲)

食事のあとは、植物園まで散歩しようかということになった。
ところが、市営駐車場に戻った頃には、冷たい風に嫌気がさしてあっさり気が変わっちゃいました (^^;
併設されている二階建ての観光センターに寄って、グダグダしましょう。

誰もいなかったので、持ってきたおやつ類を広げて飲み食い第二ラウンドに突入ですよ。
お蕎麦食べたばっかなのにね。

この風じゃ、室内でおしゃべりするのが最善の策。

 市営駐車場の観光センター2F

観光センターでおしゃべり三昧してる中で、真吾さんから最新情報。
烏川の白鳥サイトに、黒い白鳥(ブラックスワン)が来ているとのこと。
私はまだ見たことがありません。
アフラックのCMで悪者扱いされている、可哀想な黒スワンですがね

観音山をあとにして、野鳥モードから白鳥観察モードに速攻切り替え。
新聞に載ったとかで、見物客が次々と来られているようです。

ここも北風が冷たい

 烏川河川敷道路

白鳥の数は、昨年末より増えて百羽を越えていました。
お目当ての黒鳥も2羽いましたよ。

黒鳥は人懐っこいのか? 餌が欲しいのか?
餌をくれる人の近くに寄って、ず〜っと待っています。

黒鳥って何か変よね。
やっぱり、「黒い白鳥」の方がいいな。

 子供が餌をあげてた
 烏川の白鳥 (後方は西上州御荷鉾山)         ▲ 白い白鳥だったりして (^^;
                           ▲ 私は黒い白鳥 ブラックスワン
 目とくちばしは赤いよ         ▲ 水に入ってなくても寒いし


 暫くすると中洲近くにいた白鳥達が、次々と川岸に近づいて来ました。
 何で?と思ったら、白鳥の群れを引き付けるために食パンがピュ〜って飛んでったのよ。

                               ▲ 白鳥の群れ
                               ▲ 食パン争奪戦

カラスの大群が近づいてきて、白鳥の上を舞い始めました。
威嚇しているのでしょうか。
あんたは関係ないんだから、他所へ行きなよ
ここは烏川だからって、あんた等の川ってことじゃないんだからね。

ここで赤城の歌ご夫妻夫婦とお別れします。
一日お付き合いいただきましてありがとうございいました

身体が冷え切ってしまいましたね。

 白鳥 VS カラス             ▲ マガモも参戦
                       白鳥はブラックスワンと微妙な距離を保っていました

 ☆ レポ作成に当たり、真吾さん♪ りい様♪ から提供された写真をたくさん使用しています。 この場を借りてお礼申し上げます。