2015.01.24 (土)                          K2Couple No.0484

尼ヶ禿山 撤退
あまがはげやま(群馬県)
1,280m
(撤退地点標高)
想定外の雪でラッセルバテ (^^;

コース最大標高差 : 120
コース累積標高差(+) : 245
コース累積標高差(−) : 245
コース沿面距離 : 6.1 km
行動時間 : 5'35"
* 距離と累積標高差は GARMIN GPS data です  送電鉄塔めざしてシコシコ
 ■ 7:10 = 高崎玉村SIC(関越道)沼田IC = 9:15 玉原スキーパークp(\1,000)
 スキーパーク 9:40 - 9:45 スノーシュー装着 9:55 - 10:00 車道出合 - 10:15 玉原センターハウス -
 10:35 玉原湿原入口(自然環境センター) - 10:50 玉原湖周回道路分岐 - 12:30 トンネル入口 - 13:00 送電鉄塔(L) 13:25 -
 14:25 湿原入口 14:30 - 14:45 センターハウス - 15:15 スキーパーク
 玉原スキーパークp 15:25 = 沼田IC(関越道)高崎玉村SIC = 16:40

  尼ヶ禿山の場所
  この地図は、国土地理院発行の地形図を使用したものである (経緯度線は20秒間隔) (
みどり : 予定したルート


きょうはスノーシューで雪遊び。
おいちゃんが選んだ山は、玉原高原の尼ヶ禿山です。

この土日は大きな高気圧が張り出してきて、風のなさそうな良い予報。
やっぱり関越道に乗ったとたんに、高崎から大渋滞してました。
前橋まで一般道で30分なのに、高速で50分 ・・・ どういうこっちゃ。

観念してしてトロトロ走りますね。

 この季節珍しくない関越道渋滞

ところが、沼田IC手前からいつも見える上州武尊の姿がないのです。
高崎IC附近からは八ヶ岳や浅間山などくっきりと見えていたのに、おいちゃんの選択誤ったか ・・・

浅間方面に変更する?とおいちゃんに振ってみても、全然聞く耳を持たず沼田に向ってまっしぐらなのであります
絶対良くなるって、あくまでも前向きなおいちゃんでした

沼田地方は群馬北部豪雪地帯の玄関口。
発地に入ると風花が舞っているしで、はらっぱの気持ちはややブルー。
玉原道路は雪の壁ですがね。

 沼田ICから玉原高原へ

スノーパークに着いてから、はなはなさんからのメールに気が付いたの。
きょうは赤城日和なので長七郎に集合 ・・・ って。
着信は1時間前のものでした。

ごめんごめん。
もう駐車料金¥1,000も払っちゃったし ・・・
しっかり赤城で楽しんでね

上州武尊は雲に隠れていました (^^;

 玉原スノーパークp

御嶽山の噴火災害から登山届に気を使うようになり、おいちゃんがリゾートセンターの受付に行って提出してくる。
駐車場はガシガシに凍ってたので、慎重に行動します。

私達が出発する頃には少しづつ陽が射して明るくなり、目的地の尼ヶ禿山も霧氷をまとって真っ白に見えてきます。
おいちゃんドヤ顔 (^^

昔々子供が小さいときに何度か滑りに来たスキー場ですが、以降は森林浴に訪れるくらいの玉原でした。

 霧氷の尼ヶ禿山

                        ▲ 駐車場周囲の雪壁で待っているはらっぱ


センターハウスに向かうトレースを偵察しますが見つからず。
適当に方向を定めて、駐車場の雪壁を乗り越えることにしますね。
樹林帯に入る前に、二人共スノーシューをつける。

通行止めになってる車道をクロスし、広いグランドを気持ちよく闊歩していると別方向からのトレースがあったので合流しました。

 雪壁を乗り越えて
 広いグランドは気持ちいいよ、遠く尼ヶ禿山             ▲ しかし風の通り道

閉館中のセンターハウスはこんもり雪帽子を冠っています。

すでに汗ばんできましたので、ハウス横で上着を脱ぎます。
山麓の積雪2.5m
(スキーパーク発表)

 センターハウス

ここからは玉原湖周回道路(サイクリングロード)のトレースを辿りますね。
トレースを拾って楽に歩けましたが、間もなく先行者に追い付く。

そしたら、若い単独先行者♂が玉原湿原の入り口の自然環境センターで休憩しちゃったのよ。
簡単な挨拶だけ交わしてスルー。

 トレースるんるん        ▲ 雪に埋もれた自然環境センター

ここからは私達が先行しますね

雪上を気持ち良く ・・・ と浮かれたい気分ですが、まっさらな雪の上を歩くのは疲れますよ。

メジャーな山にはトレースがあって当たり前みたいに思いがちですが、トレースのありがた味が身にしみます。

 はらっぱ先行
 交代してくれ〜         ▲ まだまだ元気なラッセル要員
                           ▲ 玉原湖は凍っていないんですね

間もなく玉原湖が左手に見えてきました。

え〜
玉原湖は全く凍ってなくて青々としてますよ。
駐車場の気温はマイナス5℃でしたのに、赤城ほど冷えないのでしょうか?

おいちゃんが疲れると、時々ですが私も志願してラッセルします。
二人で交代しながら、休み休み進む孤独なK2隊です。
早く単独♂氏、応援に来てくれないかな〜。

 一面無垢な雪                     ▲ 夫婦共稼ぎ
 きっとカモシカ君のトレースだ             ▲ ヤシャブシの実

頼りの単独氏もあとを追って来ているのですが、適当な間隔を保って追い付いて来ません。
私たちの期待も空しく、引き返したのか姿が見えなくなっちゃいました

残念ながら、きょうの雪は重たく感じて進むのが大変。
雪を掬い上げてみるとサラサラな感じなんですけどね。
一歩進むごとに足が20〜30cmも沈むんですけど、何とかなりませんか

 木々の着雪が多くなってきた             ▲ おいちゃん奮闘す
 まだまだ遠い尼ヶ禿山アップ           ▲ 送電鉄塔が見えてきた
 青空に着雪模様がきれ〜             ▲ 誰か出てきそうな

この調子では山頂なんか全然無理っぽいけど、取り合えずトンネルの上の送電鉄塔までは行きたい。
タイムリミットを13時と決めて、ターゲットを山頂から鉄塔に変更です (^^;
計画が甘かったという認識ですが、別にどこまで行かなくっちゃいけないという訳でもないしねと開き直りを決めます。

着雪した木々が両側に並んで、とっても綺麗。

 トンネルまで来ましたら鉄塔はすぐ上      ▲ どれどれ、トンネルを見に行くはらっぱ

10年以上前に尼ヶ禿山に来たときに、夏道はトンネルの前を通過したと思うのですが余り記憶に残っていません。
夏と冬とでは、景色も一変してますけどね。

トンネル入口の右側から、鉄塔めがけて急斜面を登ることにしましょう。
って、おいちゃんはここまでのアルバイトでスタミナ切れのようです (^^;

任せろ
はらっぱ機関車の出番ですよ

 何気に急斜面

なかなかの斜面です。
スノーシューはキックしにくいので、登っても登ってもずり落ちてしまいます。

方針変更。
トラバース気味にジグを切って、ずるずる身体を持ち上げますね。
もう一息だ。

 直登は無理かも          ▲ 雪の造形、こんもり雪庇
 ジグをきります            ▲ 可愛い雪玉コロコロ
                                  ▲ 鉄塔下まで登り上げました
                                 ▲ 上州武尊山

バンザ〜イ  頑張って登った甲斐がありましたよ。
振り返ると上州武尊山の素晴らしい眺めが広がっています。

鉄塔の北側には谷川連峰が並んでいるようですが、樹々の梢が邪魔をしてスッキリ見ることはできませんでした。

申し訳程度ですが、鉄塔周辺にも霧氷が残っていますよ。

 尼ヶ禿山

 送電鉄塔           ▲ 飛行機雲も何気に嬉しい

スキー場の上の鹿俣山も、雪のあるときに一度は登ってみたい。
無雪期は展望が限られた山だからね (^^

鉄塔の下は風もなかったので、武尊山展望をおかずにランチにしましょう。
展望に優れた場所は、鉄塔に積もった雪が落下する心配があったので、敢えて次善の場所確保。
尼ヶ禿は行けなかったけど、雪上のランチをほっこり楽しみました。

 何処で休もうかね       ▲ これだけ見えればランチも美味しいし

そこそこ楽しめた鉄塔登山 (^^
はらっぱ先導で下りましょう。

おいちゃんは、斜面で雪に埋もれてもがいていました
激安君
(スノーシューの愛称)は、めっぽう下りに弱いのは分かっていた。
テールが長すぎて足が上手く運べず、前のめりに突っ込んじゃうらしい。

先週壊れたワカンの修理が済んでいたのに、持って来なかった訳で。

 はらっぱリードの下山

帰りは楽チンモード。
誰が付けたか真新しい道しるべが一筋伸びている。
私たちが付けたんじゃん

ありがたいトレースに感謝しつつ、忠実に辿って帰ります。
夏道に合流する辺りから後続の人が歩かれたみたいで、トレースはしっかりとした立派な道になっていました。

登りと比べたら全然速い下山ですが ・・・ 雪道は結構疲れましたよ。
きょうのルートは、玉原湖畔が最低地点になっています。

 真新しいトレースが
 苦労した登りを思いつつ        ▲ 皆さんのおかげで道路整備完璧
 自然環境センターに戻りましたよ              ▲ 鳥居もあったし

玉原湖畔を通過して、自然環境センターでドリンク休憩。
ログハウス風の建屋は雪に埋没して、積雪量の多さがうかがえますね。

車道をショートカットするトレースに乗って、センターハウスへ。
ブナの木が雪上に影を落として、癒しの帰り道となりました。

ブナ林から白い山脈が顔を覗かせています。
方角的には、谷川連峰かな (^^

 車道をショートカットして林間を登り返す            ▲ 白い峰が垣間見える

センターハウスに帰還しました。

屋根の雪は朝のまま、落下せずに我慢しています。
あの雪の重み、一体何トンあるのでしょうか。
雪の粘り強さ 見習わなくっちゃね。

きょうは静かな一日で、ゆったりした二人の時間を持てました。
遭遇したのは、朝の単独氏だけ。

 玉原センターハウスの巨大な落ちない君

二人共左肩が痛くなっていたことで一致  奇妙な連帯感。

広場は風の通り道なので、朝のトレースが消えてる場所もあり。
行く手が開けている雪原では、一気に開放気分です。

駐車場の雪壁の上を、団体さんが大勢歩いていました。
玉原湿原を歩いた方々かな?、それにしては反対側から戻って来たけど。

 影も長くなって           ▲ 団体さんが歩いている
 最後の登りは駐車場の雪壁        ▲ 駐車場から上州武尊山が真っ白く

 駐車場は、相変わらずのアイスバ〜ン。
 午後3時を廻っていましたので、帰り支度のスキー仲間さんやファミリーさんが多く見受けられました。
 関越道は渋滞もなく、上州武尊山や赤城山を眺めながら帰宅しました。

                             ▲ 関越道から上州武尊山
                              ▲ 関越道から赤城山