2016.12.03 (土)                        K2Couple No.0567

武甲山
ぶこうさん(埼玉県)
1,304m
   大持山 1294m 小持山 1273m 武甲山 1304m
大持小持周回、武甲山はおまけ

コース最大標高差 : 780
コース累積標高差(+) : 1,250
コース累積標高差(−) : 1,250
コース沿面距離 : 10.9 km
行動時間 : 7'05"
* 距離と累積標高差は GARMIN GPS data です ▲ 大持-小持稜線より谷川岳

  6:50 = 皆野町 = 8:05 生川登山口p(一の鳥居)

 生川登山口p 8:30 - 9:30 妻坂峠 9:35 - 10:15 (L1) 10:30 - 11:00 大持山東肩(L2) 11:15 - 11:25 大持山 - 11:50 最低コル -

 12:10 小持山 12:20 - 13:00 シラジクボ(L3) 13:15 - 13:50 武甲山 14:00 - 14:30 大杉の広場 14:40 - 15:05 不動滝 -

 15:10 生川出合 - 15:15 持山寺分岐 - 15:35 生川登山口p

 生川登山口p 15:40 = 秩父夜祭渋滞 = 皆野町 = 17:10



  この地図は、国土地理院発行の地形図を使用したものである (経緯度線は20秒間隔)
 武甲山の場所


昨夜になって、何処に行こうか攻防が始まる。
おいちゃんは西上州にターゲットを絞っていて、地図付きで提案してきた。
私は余り岩山は気が進まない (^^;

朝起きてみて、赤城の霧氷が確認できれば何も苦労はないのですが。
とりあえず、私の提案した大持山にしてもらって就寝。
ところで大持山の見どころは?と訊かれて
特にない訳で

思いのほか暖かい朝(7℃)を迎え、秩父方面に向かうことになった。

 荒川を渡って秩父市街地へ

秩父に近づくにつれて気温が下がり、ついに途中で零℃になった。
道端の草は、霜が降りて白く輝いている。
秩父は寒い。

秩父神社に近い路上で、ハッピ姿の親子が身繕いをしていました。
繁華街では、多くの人や車が出店の準備に余念がない。
何とまあ、秩父夜祭の日に当たってしまったのですよ
混雑する道をズリズリ抜けて脱出。

 秩父夜祭の準備が始まっていた           ▲ 秩父石灰工場と武甲山

石灰石の無機質な工場群を抜けて、狭い舗装路に入る。
以前はダートな道でしたが、全面舗装になっていました。

一の鳥居駐車場は、満車寸前でぎりぎりセーフですよ。
駐車場で落ち着いてから、朝食の をほうばり呑気に過ごす。
観察していると、殆んどの人は武甲山方面に向かって行きますね。

私たちも、準備に取り掛かりましょう。

 武甲山の登山基地、一の鳥居p
                             ▲ 一の鳥居駐車場の案内板

皆さんとは逆周りで、妻坂峠に向かいます。
こちらに来る人は皆無に等しい。

林道を少し歩いたところに、山道の入口がありました。

 皆さんとは反対方向に (^^;
 駐車場入口の橋の欄干にカワセミ君             ▲ 杉の植林地を行く

草木が冬枯れに突入する時期ですから、もちろん花などありません。
ガタガタの林道二子線をクロスして直進します。

沢沿いの道は荒れまくり大会で、決して歩き易いとは言い難い。
沢の中の踏み跡に赤リボンが付いていますが、左岸の尾根に取り付く歩き易そうな道があります。
チョッと遠回りのようですが、登るのはもちろん良い道へ。
遠くに赤城山が見えています。

 石ゴロの道を行く           ▲ 沢から離れて尾根道へ
 殺風景な冬枯れのころ           ▲ 樹間に武甲山が見える

妻坂峠には、展望も何もなかった。
この時期に特記するものはなく、寂しい殺風景な峠です。

何を血迷ったかおいちゃんの突然の提案。
武川岳をピストンしてくる?
標高差200m超なので、私には1時間半は必要です。
そんな余裕はないので却下ですよ (^^;

素直に大持山に歩き出すと、樹間に群馬方面の山が望めますね。

 妻坂峠
 この山域の標識パターン      ▲ 榛名山遠景 (遠く白いのは谷川連峰)

とりあえず300mほどの急登ですが、右に武甲山を見ながら頑張りまっす。
前方に見え隠れするピークが、大持山の肩かと思ったら大間違い。

偽ピークでパン休憩にしますね。
ここからは傾斜は緩んで遊び歩きです。
で、山頂近くなればもう一段の急登が待っていました。
紅葉の「こ」の字もありゃしない、落ち葉の「お」の字ばっかし
文句を垂れ流しながら歩くおいちゃんを連れて、エッチラオッチラ。

トレランの人が軽快に駆け下りて来ます。
「まだ数人来ますので気を付けて下さい」だって。

 急登を頑張り
 武川岳を背負って登る           ▲ 落ち葉を蹴って遊び歩き

やっとのことで大持山の肩に着きました。
数人が休んでいます。
私たちも丸太に座って、前方に開ける景色に目を向ける。

スッキリした青空なのに、遠くは霞んでスッキリしません。
目を凝らして見ると、ビル群に混ざって細い棒が立っている。
筑波山も極薄く見えていましたよ。
以前登った伊豆ヶ岳を探しましたが、近くの山は全くチンプンカンプン。 

 何もないのが気持ちよかったりして (^^;       ▲ ボ〜とした景色をボ〜っと眺めて (^^
 視力検査1 (正解はスカイツリー ^^)v         ▲ 視力検査2 (正解は筑波山)

 あせび

  ▲ 白く雪化粧した八ヶ岳 (大持山に向かう途中から)
 大持山頂に大手                ▲ 山頂にて

 おさらば (^^              ▲ アセビの回廊

大持山から小持山へは、アセビが多くて気持ちの良い稜線です。
適度なイワイワがあったりして、ルート上一番の楽しい道でした。
ただ両脇は結構切れ落ちているので要注意。

今朝は相当冷えたらしく、霜柱があったり登山道が凍っていてズルっと。
冷や汗

大持山から最低コルまでこんなに下るの?と思うほど下っちゃいます。

 挟まっっちゃいそう (^^;          ▲ ん? ムーブの違いか (^^
 アスレチック風味          ▲ 武甲山って意外に低いよね
 最低コルから小持山へ      ▲ 岩場もこれくらいがちょうどいいじゃん
 ちょっと切り立ってますけど       ▲ 岩の上から大持山方面を振り返る
 岩遊びもここでお終い              ▲ 長い霜柱だよ

小持山からは、武甲山の端正な姿が良く見える。
その右には日光連山が見え。
左には谷川連峰が白い。
その前には榛名山や子持山、これはよく分かりましたよ

武甲山って案外低くねっ。
地図上では、武甲山=小持山+30m。
ついでに武甲山にも廻って行こうか、と言い出すおいちゃん

好きにすれば

 小持山頂
 両神山                ▲ 日光連山

武士平が何処か知りませんが、左に分ける分岐あり。
ここから結構な急下りでした。
210mも (^^;

これと言って特記すべきものはなく。
歩き出しから気分の乗らないおいちゃんは、大持小持の稜線岩場で少し持ち直したものの、ここで再びグレモードに突入。

 落ち葉の急下り            ▲ ダイヤモンドはらっぱ

やる気しね〜つまらんな〜の連発。
武甲山に登って帰れば、少しでも気が晴れんじゃないの

小持山から見た武甲山は簡単そうだったが。
シラジクボに向けて、ぐんぐん高度を下げて行くうちに。
当然ながらせり上がる武甲山。

それを見て、おいちゃんの威勢も減衰していくのでした (^^;

 武甲山って意外に高いよね (^^;     ▲ 武甲山に登るべきか否か、それが問題だ

 勢いで下るはらっぱ

       ▲ 悩んでる割にポーズは能天気
 メギ               ▲ ホコリタケ

シラジクボという変な名前を付けられたコルに到着。
武甲山は登ったことがあるし、きょうはここから下るつもりでいました。

シラジクボからの下山路は、うっそうとした杉林に潜って行くのだ。
それを見て、何か気乗りしないなあ
明るい雰囲気の武甲山を廻って帰ろう、と決意表明するおいちゃん。
どうかな?膝大丈夫かな?

時計を見ると何とかなりそうだし、いいよ そうしよう (^^

 シラジクボ

そんな訳で、武甲山経由で帰ることになりました。
寄り道ですがね (^^

お腹が空いてちゃ山登りは出来ぬ。
草むらの空き地を見つけて、しっかり腹ごしらえですよん。
そんなにゆっくりもできないので、忙しく食べて飲んで即登り始めます。

200m超の登りをリズム良く、おしゃべりも控えて本気で登りますね
登り上げた分岐のベンチには記憶がありました。

 裏参道の分岐

武甲山御嶽神社にお参りして、ちょっくら山頂に向かいます。

第一展望台に着いてガックシ。
遠くはぼんやりと霞んでよく見えません。
第二展望台に移動すると、正面に浅間山。
眼下には、夜祭の準備に忙しい秩父の町が広がっています。
今朝渡った特徴のある橋もよく見えました。

さあ帰りましょう。

 武甲山御嶽神社に8年ぶり
 第二展望台にて三角点タッチ                ▲ 山名盤
 浅間山です      ▲ 夜祭りで賑わう予定の秩父市街地です

丁目石は、52丁目から1丁目までらしい。

さすがは武甲山、表登山道は歩き易いねと歩き始めますが。
そうは問屋が卸さなかった。

滑り易い石がゴロゴロしてるし、土もヌルヌル滑るのだ。
木製の階段も良く滑るし。
何処でも転びそうで速く歩けません (^^;

 石も土も木も滑りますって


大杉の広場で休憩しよう。
すると、若いお兄さんが登って来たの。

これから登るんですか?
秩父夜祭の花火を、山の上から撮りたいんだそうです。
良い趣味をお持ちで (^^

この後も下山中に、大きなカメラ機材を背負った二人連れに出会った。

 大杉の広場         ▲ 31丁目の杉の根元にお地蔵様

思ったより長い下山道だった。

事あるごとに、はらっぱが行きたがっていた大持山。
シーズン的には何もない寂しい時期ではありましたが、今後は余り口には出さなくなるかもしれない (^^

今の時期、何処を歩いてもこんなものだろう。
西上州は面白そうだけどね

 武甲山御嶽神社の石柱

見覚えのある不動滝に差し掛かると、若者が二人立ち止まっています。
足首の怪我を応急処置していて、木っ端杖を頼りにしている。
ザックは他の一人が二人分担いでいた。

協力を申し出ましたが、大丈夫ですと辞退されました。
難儀なことだろう、と心配しながら下山。
作業用林道に合流して下り、虹鱒の養殖池の脇を通る細い道に入る。
最後は生川を渡って、ようやく駐車場に帰ってきました。

 不動滝          ▲ あの子たちが心配だけど

 車両通行止め        ▲ 秩父市内に向かう車線は大渋滞

驚くほど大勢の人と車で賑わう秩父市内を、クネクネすり抜けて帰った。
夜祭に興味がない訳ではありませんが、この人混みは厳しい。
群馬県に入るころには陽が落ちて、西の空がほんのり赤くなっていた。

 秩父夜祭 (秩父まつり会館hpより)           ▲ 藤武橋から浅間山残影