2016.12.18 (日)                       K2Couple No.0568

信州三峰山
しんしゅうみつみねさん(長野県)
1,888m
360゜大展望の山頂、寒かった

コース最大標高差 : 375
コース累積標高差(+) : 555
コース累積標高差(−) : 555
コース沿面距離 : 9.4 km
行動時間 : 5'20"
* 距離と累積標高差は GARMIN GPS data です ▲ 誰もいない山頂で

  4:20 = 藤岡IC上信越道・中部横断道)佐久南IC = 6:15 和田峠p(農の駅)

 農の駅p 6:45 - 7:10 中山道古峠 7:15 - 8:05 和田山 - 8:40 (P1748) - 9:10 三峰展望台分岐 - 9:15 岩陰(L1) 9:25 -

 9:45 信州三峰山 10:00 - 10:10 三峰展望台分岐 - 10:20 三峰展望台 - 11:30 展望地(L2) 11:45 - 12:05 農の駅p

 農の駅p 12:20 = 佐久南IC中部横断道・上信越道)藤岡IC = 14:20


  この地図は、国土地理院発行の地形図を使用したものである (経緯度線は20秒間隔
 信州三峰山の場所


 昨日までの寒冷気候は終わり、きょうから暖かくなりそうな予報です。
 暖かいということは黒檜の霧氷はあまり期待できそうにないので、展望の山に行くことにしました。
 数年前babaさんに教わってから、ず〜っと気になってた山ですよん、そしてインレッド様もお勧めの「隠れ山」
 きょうは夕方に用事があるので、早く帰らなくてはいけません。
 ということで (^^; 早発ちです。

夜空にキラ星が瞬くまだ暗い中、ご近所に気を配りながら出発します。
さすがにam4時過ぎは車が少なく、順調に走って2時間弱で到着。
和田峠の「農の駅」をベースにします。

家を出る時は4℃でしたが長野県に入ると零下になり、ここ和田峠の気温はマイナス6℃でした。
赤城山と同じくらいかな。

 夜明け前に和田峠に到着        ▲ 人の気配なく、寒々としております
 ブラブラしてたら冷えてきた          ▲ ビーナスラインの冬季ゲート

車の中で朝食(肉まんいっこ)を食べ、明るくなりかける頃に出発です。
ビーナスラインから中山道に入って、まずは古峠に向かいますね。

雪は薄っすらで、積雪は3cmくらいかな。
昨日のものらしい足跡があります。
思ったとおり、霧氷にはお目にかかれません (^^

 由緒ある中山道を行く              ▲ 快適な中山道
 ビーナスラインを2回 ショートカットして             ▲ 古峠に着きました

かつての東山道が、江戸時代に中山道として整備されたということらしい。

説明書きに曰く ・・・
中山道設定以来、江戸時代を通して諸大名の参勤交代や一般旅人の通行、物資を運搬する牛馬の行き来などで賑わいを見せた峠である。頂上に遠く御嶽山の遥拝所がある。冬季は寒気も強い上に積雪量も多く、冬の和田峠越えの厳しさは想像を絶するものがあったろう。

平成の世でも寒いよ。(厳しさはないけど)

 国史跡 歴史の道 中山道  ▲ 旅人が足を休めたであろう古峠で、我が隊も休むし

峠に着いてびっくり。
早速正面に中央アルプスが控えていて、きょうの展望の良さを象徴してるかのようでした。

昔の旅人も大名行列隊も、皆が感動したであろう雄大なアルプスの景観。
御嶽山の遥拝所が設けられたのも頷ける。
昔は今以上に山岳信仰心が厚かったでしょうからね。

南に和田峠0.9Km、北に扉峠5.8Kmとあります。

 石碑と中央アルプス

我が隊は北をめざします。
やっと朝日が昇ってきて、最初の無名ピークがプチモルゲンロートですよ。
朝日を振り返りながら、機嫌よく登ります。

陽が当たると、身も心も暖まるような。
上着を脱ぐ。

 7時17分 : 日の出

ビーナスラインが部分的に凍っていたので、アイゼンを付けてきた。
念のため軽アイゼンでなく、8本爪で (^^;
途中で鬱陶しくなって外したけど。

一昨日に雪が降ったという情報がありましたが、どのくらい積もったのかは分からず、ワカンまで持って来たのだ (^^;
さすがにスノーシューは車に置いてきたのですが。

アイゼンもワカンも、最後まで唯のお荷物になってしまった。
文句を垂れ流すボッカ係りのおいちゃん。

 朝ぼらけの浅間連山
 丁寧な道しるべ  中央分水嶺トレイル38km(長門牧場 - 霧ヶ峰 - 美ヶ原)

和田山に取り付くゆったりした登りからは、南と西に展望が得られました。
朝日を全身に浴びて、しばし眺望にうっとりします。

蓼科山から始まって、南ア、中央アルプス。
御嶽山と乗鞍岳が、立派な山容を誇示するように聳えています。

 無名ピークを越え               ▲ 和田山へ
 積雪少なく拍子抜け                ▲ 蓼科山
 南アルプス主要部              ▲ 中央アルプス
 御嶽山               ▲ 乗鞍岳

 和田山を捲いて行きます     ▲ 下り(北面)は、ちょっぴり冬気分を味わって
 積もった雪が何気に嬉しい               ▲ ルンルン下り

1722mの和田山は南北ピークがありますが、どちらも捲き気味に通過するので展望には恵まれません。
北面の下りでは、雪景色にウキウキ (^^

前方に三峰山らしき姿が見える。
一瞬霧氷かと目を疑いましたが。
まさかそんな訳ないし。
一昨日の残り雪でしょうね。

 三峰山が見えた           ▲ 頂稜が白くなってるけど
 白い森エリアが短すぎ〜            ▲ 積もる雪もサラサラ

白い森を抜けて平坦な道を進むと、右に浅間連山や四阿山。
赤城山や荒船山も。
お馴染みの山々に、ワクワクしながら登ります。

振り返れば、相変わらず蓼科山や南アや中央アルプス。
左には御嶽山と乗鞍岳が付き添って、励みになりますよ。

少し高度を上げれば、槍穂高が視界に入るようになった。

 浅間連山に向かって
 和田山を振り返り              ▲ 荒船山見っけ
 中央アルプスと経ヶ岳          ▲ そして、北アが姿を見せて

右の足元には、通行止めのビーナスラインが見えています。
いよいよ最後の登りかなと思う頃、何気に風が出てきました (^^;

周りに木がなくて見通しはいいのですが、風を遮るものが全くないのです。
それほど強い風ではありませんのに、冷たさ100%。
陽射したっぷりの冷蔵庫じゃ。

 丸っこいP1748 は右に迂回             ▲ 遅れるおいちゃん
 中央アルプスばっか (^^;         ▲ 冷たい風に、吹かれてなんぼ
 大岩もあり         ▲ すぐ下を走るビーナスライン
 ちょっと寒くねっ              ▲ 逆光の富士山

腹減って登れね〜。
山頂で食べようと、空きっ腹を抱えてここまで頑張ってきた。

この風じゃ、山頂で食べるのは厳しいでしょよ。
あの岩陰で風避けられんじゃないの。
そうしよ そうしよ (^^;

大きな岩の陰に廻り込んで場所確保したのに、風も廻り込んでくる。
やめてよ〜
絶景を眺めながら、パンだけかじってごまかす羽目に陥る。

 お腹空いてるので、山頂が遠いし
 この陰で腹ごしらえしよう    ▲ サンサンと降り注ぐ太陽、風は写真に写らない
                              ▲ どっちを向いても、景色は最高なんだけどね (^^;
                                  ▲ 根子、四阿山から浅間連山へと続く

ここから山頂までも吹きさらしよ。
積雪も少しずつ増えて、深い所で20cm位だろうか。

歩けば暖まるだろうとランチ中も我慢してたけど、歩いても暖まらず
堪らず二人とも上着を羽織ります。
写真を撮る指がかじかんでくるし。

耳や頭の芯まで、寒さが突き刺さるような感じなの。
バンダナで耳を覆って帽子を被りました。
おいちゃんは、端からネックウォーマーで覆面強盗ちっくな姿だし

 暖かいうどん食べた〜い

この界隈の山は丸っこい峰が多い。
で〜、何回山頂に登り上げればいいのよって感じです。

今度こそ山頂みたいだけど。
違った
やめてよ〜

 ついに山頂に着いたと思ったけど      ▲ 山頂に近づいたような近づかないような
 かすかな富士山 (逆光のせいかな)             ▲ ちょっと大きくした
 パワー不足の腹ペコさん            ▲ 地味に登るはらっぱ

こんどこそと思って頑張ったら、また新たな山頂があったりして
そんな覚悟で臨んだ3度目。
3度目の正直とは良く言ったものだ。

執念の頑張りで、山頂ゲットしました
「空きっ腹にはニセピークがきつかった」 というそれだけの話ですけど (^^;

 へっぽこ隊をずっと見つめる穂高       ▲ これ以上高いとこはなかった訳で (^^

正面には、真っ白になった北アルプスが並んでいます
いつも穂高が白くなっても槍の穂先だけは黒いのに、きょうは白く化粧して目立ってませんでした。

常念岳、大天井岳、鹿島槍ヶ岳、五竜岳。
白馬はチョッと雲に霞んでしまった。
そして、振り返れば富士山も見えて、360゜の大パノラマですよ。

 改めて北ア大展望             ▲ 三峰山案内図
 南アルプス              ▲ 中央アルプス

おいちゃん とうちゃこ (^^

見てみ凄いでしょ
確かに
でも、登ってくるときに見えてた山が殆んどだぜ (^^;
・・・

感動して泣いてんの
寒くて涙がちょちょぎれてんの。
三峰山の辞書には、「陽だまり」という言葉が載っとらん (^^;
山全体が吹きさらしじゃけ。

 いらっしゃい (^^
 御嶽山           ▲ 鉢伏山の上に乗鞍岳
 霞沢岳             ▲ 穂高岳ビッグ3
 槍ヶ岳、常念岳          ▲ 爺ヶ岳、鹿島槍、五龍岳
                                 ▲ 北ア南部
                                 ▲ 北ア北部
                            ▲ 山頂にてセルフショット (^^
 蓼科山           ▲ 霧ヶ峰の上に南八ヶ岳

ゆっくり眺めていたいけど、冷たいんです寒いんです。
ほんとは、ここで山を眺めながらランチにしたかったんです。
でも、ここで休憩する気にもなれず、写真を撮り終えて下山しますね。

帰りは正面に蓼科山と八ヶ岳を見ながら。
寒くなければ、お気楽な稜線です。
穏やかな春先にでも再訪して、山頂でまったりランチするぞ〜

 扉峠(美ヶ原)方面        ▲ 三峰展望台に下ることにしましたの
 開放的すぎて           ▲ 新雪は気持ちいいよね

来た道は登り返しがあるし、風のなさそうなビーナスラインを帰りましょう。
三峰展望台にまっしぐら

動物の足跡が可愛らしい。
鹿かしらね〜。
蹄の跡があるけど、やけに規則正しい歩幅だこと。

 ツボ足とは思えないトレース (^^;           ▲ もちろん展望台は閉鎖中

展望台駐車場の入口には、ロープが張られていました。
通行止めのビーナスラインを、好きなように気ままに歩きます。
こういうのって案外楽しいね

おいちゃんは冬靴の裏に雪だんごができて、ボヤキが入る。
パウダーな雪を蹴飛ばしたり、ガードレールに打ち付けたりしていた。

動物の足跡を観察したり、移り変わる展望も楽しく飽きることはない。

 車道は楽チン安全 (^^
 動物って寄り道が多いね             ▲ 人間もか (^^;
 枝の氷がキラキラ輝いて、クリスマスツリーみたい           ▲ 正面に八ヶ岳を見ながら

きょうは、絶対遭遇すると思っていた動物にも会うことがなかった。
それどころか、人間様にも全く会わず。
るたんちゃんが近くにいたらしいけど、一山違ったみたいで残念でした。

ビーナスラインのヘアピンをショートカットしようとしたんですけど。
雪が少なく笹丸出し。
どうする ?
変なとこに嵌って怪我でもしたら嫌だから、わたしゃ車道を行くよ。

御意
急がば廻れってことですね (^^

 ショートカットポイントで
 ビーナスラインは見所が多く飽きさせない     ▲ 浅間山を見ながら、ありついたランチタイム

 車に帰ってきました             ▲ ちょっぴり雪道
 ビーナスラインは全面通行止め         ▲ 中部横断道から見た浅間山


 佐久市に入ると、さすがに浅間山が大きく迫ってきますね。
 ひときわ綺麗に聳えていました。

 群馬まで帰って来たら、15℃まで気温が上がって暖かい。
 少し霞んではいたものの、赤城のうしろに見える上州武尊山もまずまずの美しさです。
 思ってたより早く2時半には家に帰ってこれまして、これから隣組のお通夜の準備に出かけます。
 12月って、何でこんなにいろんなことがあるのでしょう。