2018.06.09 (土)                        K2Couple No.0602

二ツ岳
ふたつだけ (群馬県)
1,343m
           雄岳 1343 雌岳 1306
榛名に行けば、シマリスに会えるらしい

コース最大標高差 : 360
コース累積標高差(+) : 585
コース累積標高差(−) : 585
コース距離 : 5.5 km
行動時間 : 6'25"
* 距離と累積標高差はKASHMIR 3Dによる概算値です
* 距離は地図上のもので、実際の登山道の長さではありません
 榛名森林公園に生息するシマリスさん
  6:50 = 箕郷 = 8:00 伊香保森林公園管理棟
 森林公園管理棟 8:20 - 8:30 シダの池(リス) 8:45 - 9:00 蒸し湯跡 - 9:35 分岐 - 9:40 オンマ谷分岐(ベンチ) 9:50 -
 10:20 屏風岩 - 10:25 避難小屋 - 10:30 ワシノ巣風穴分岐 - 10:40 オンマ谷分岐 - 10:55 雄岳 11:10 - 11:35 避難小屋 -
 11:55 雌岳(L) 12:20 - 12:30 避難小屋 - 12:55 オンマ谷分岐 - 13:05 相馬山登山口 - 13:10 つつじヶ峰休憩所 13:35 -
 13:40 つつじヶ峰分岐 - 13:55 蒸し湯跡 - 14:05 シダの池 14:35 - 14:45 森林公園管理棟
 伊香保森林公園管理棟p14:50 = 15:05 沼の原県営グランドp(ゆうすげの道) 15:35 = 箕郷 = 16:45

  二ツ岳の場所
  この地図は、国土地理院発行の地形図を使用したものである (経緯度線は20秒間隔)


榛名山にシマリスが住みついてると知って、どうしても会いたくなった。
久しぶりに、二ツ岳と水沢山に登ろうと昨夜相談した。
二ツ岳に登るのは実に12年ぶりです。

松之沢峠の道を順調に走って1時間強。
途中の黒岩(クライミングゲレンデ)には、6台の車が駐車していた。
県内車ばっかし。

森林公園の管理棟に車を置いて、まずはリスさんに会いに行きます。
時節がら、ハルゼミの大合唱

 高崎市街地から相馬山と二ツ岳
 二ツ岳デジタル送信アンテナ         ▲ 県立 伊香保森林公園 管理棟

タンポポの穂 ニシキウツギ ベニサラサドウダン オオジシバリ
ムラサキケマン ハルジオン キバナヤマオダマキ トチノキ

シダの池に着いた時には、岩の上で固まっているシマリスに遭遇。
だけど、すぐに岩の下へ隠れてしまったの。

そばにいた野鳥カメラマンのおじ様に話すと、呼んでくれると言う。
ひまわりの種を岩の上に蒔いて、しばらく待つと出て来た。
1匹、2匹 ・・・ ありゃま4匹が種の争奪戦、動き回るので上手く撮れない。

すぐに餌はなくなり池の方へ行っちゃったので、帰りにまた寄ることにする。

 いたいた         ▲ シダの池の野鳥カメラマンたち
                      シマリスさんをコンデジで連写しまくり大会

蒸し湯跡までは、去年はらっぱが独りで歩いた道です。
ここから先は初めての道。
両脇とも、コゴメウツギとコアジサイの蕾が延々と続いていました。

蒸し湯跡の説明書きによると。
大正初期に温泉蒸気噴出が止まるまで4軒の旅館があり、サウナのような湯治施設で大変な賑わいを見せていたそうです。

 地味な道を地味に登り
 蒸し湯の敷地は石垣の上               ▲ 蒸し湯跡

蒸し湯から二ツ岳へ イワボタン ウワバミソウ (ミズ) ホソエカエデの花

蒸し湯跡は、水沢山と二ツ岳との分岐になっている。
先に二ツ岳へ向かいます。

すぐ上に蒸し湯風穴なるものがあったので、寄り道してみますね。
近道にハードルの様な木の根っこがあったので、はらっぱは迂回ルート。

ところがおいちゃんは ・・・
私を追いかけて近道しちゃったらしく、不覚にも根っこと正面激突。
もんどりうって前のめりに転倒し、腿を強打してうずくまったままです。

痛そうにしてるけど歩けるというので、そのまま続行

 小さい沢の右岸を登って
 魔の蒸し湯風穴という訳で     ▲ やっとこ歩いてるのに、この階段は何だ
 置いてかないでくれ〜           ▲ 何か知らん石祠があり
ミツバツチグリ クワガタソウ コゴメウツギ アオテンナンショウ
石祠 ミヤマハコベ エイザンスミレの葉 オンマ谷の道に出た

私は右足、おいちゃんは左足をかばいながら、オンマ谷からの道に合流。
足腰ガタガタの壊れかけ隊 (^^;

ベンチでドリンク休憩します。
この先が、二ツ岳への分岐だった。

打撲した腿を早目に治療した方がいいよ。
ズボンを下げて湿布したのはいいけど、冷たくないし匂いもしないぜよ
これ湿布が剥がれないように上に貼るただの布じゃん
あほか。
の二ツ岳。

 二ツ岳登山口手前のベンチで腿治療失敗
案内マップ 二ツ岳へ クサタチバナ サラサドウダン フイリフモトスミレ

二ツ岳への道は岩岩だらけで、しかも階段ありの歩き辛い道でした。
全然記憶にないんだけど。

行けども行けども岩と緑の木々が続く。
屏風岩を右手に見て、ようやく東屋に着いた。
これ東屋ちっくだけど、七合目避難小屋って書いてある。
前に来た時より下に移築されたようだ。

ここが雌岳の登山口ですが、いやな階段の記憶があるのでスル〜。

 足痛て〜
 歩きにくいよね                ▲ 屏風岩
 数年前に移築された七合目避難小屋         ▲ 雌岳の登山口でございます
ワシノ巣風穴分岐 ハルゼミ オンマ谷駐車場分岐 ベニバナツクバネウツギ

雄岳登山道も石の階段が続きます。
土の歩き易い道だった記憶ですが、12年で土が流れてしまったのかな (^^;
聖徳太子さんの頃に、大噴火した中心部だから露岩が散乱している。
露岩て言ったって、家の大きさくらいのデカイのもあちこちに。
自然の力って凄いよね〜。

榛名に限らず、ルートが地形図と違っている箇所も多い。
水害等自然の猛威に対応してのことだろう。

 雄岳登山道もゴツゴツ       ▲ サラサドウダンツツジがおてんこ盛り
ツルキンバイ ニガナ ニガイチゴ ニガイチゴの実

 山頂の岩に立って          ▲ 送信施設も変わったらしい

山頂に着いたけど 脳裏に描いていたイメージと全然変わってたの。
木がうっそうと生い茂り、360゜あった筈の展望も昔の面影はなかった。
トカゲが日向ぼっこしてた展望のよい岩は、木に覆われて何も見えない。

今はかろうじて木の間から。
相馬山や榛名湖方面(南西)の眺めがあるだけだった。
気持ち良くランチするような場所が見つからず、即下山します。

 狭くて窮屈な山頂になってた
                                 雄岳山頂から榛名湖方面の山を見る

転ぶことはあっても、下りは得意なおいちゃんですが。
左足は力が入れられず、右足一本で登って来たので。
きょうは筋力限界かな。

登りも大変だったけど、下りはもっと大変だった。
左足は力を入れられないだけでなく、曲げると痛いことが判明
ぼちぼち行こうかね

これじゃ水沢山は厳しいだろうから、雌岳に登って終わりにしようか。
そうしよ そうしよ (^^;

 雌岳に登ることにした

避難小屋の分岐から雌岳にアタックしますね (^^
最初は普通の木の階段でしたが、途中からは以前のままのハードル競技。

やめてくれ〜。
で、階段登山道とは違う踏み跡が多くあり、誰でも考えることは同じらしい。
サラサドウダンの木が密集して、地面は落花で覆われていた。

 うぎゃ〜この階段だよね    ▲ 登山道はサラサドウダンの花で埋め尽くされて
ツクバネウツギ ミツバツチグリ ネバリノギラン 蝶ちょ

♂と違って♀の山頂は、昔と変わらず北の展望があり。
子持山や小野子三山は見えましたが、その後ろの谷川方面は見えない。

と言っても木が生長して邪魔ということでなく、天気のせいですね (^^;
だって隣の赤城山ですら、ぼんやりでしたもん。

お世辞にも広いとは言えないけど、ここでランチを済ませることに。
ちょうど正午で、お腹もペコペコだしね。

 雌岳山頂でランチ
 小野子三山&子持山  ▲ いつも見る水沢山は四角だけど、ここから見ると三角
 健康増進 ミズナラシャワー (^^            ▲ 階段をヘコヘコ下り

 オンマ谷の分岐をめざす       ▲ そして、オンマ谷街道をつつじヶ峰へ

オンマ谷の分岐まで戻り、つつじヶ峰方面に足を向ける。
水沢山は無くなったので、とりあえず楽勝のつつじヶ峰周回です。

シダの池以降、二ツ岳でもオンマ谷界隈でもリスさんには会えなかった。

つつじヶ峰休憩所は小奇麗な建物ですが、崖から転がり落ちそう。
ちょっと景色を覗いてから、反対側の気持ちの良い広場で過ごしましょう。
せっかくの梅雨の晴れ間だし。

 つつじヶ峰休憩所
コハウチワカエデ ミツバウツギ ダンコウバイ クサタチバナ
ズミの実 ヤマツツジ アマドコロ ミズキ

やあ気持ちいいな〜 ganbare

青い空、白い雲、緑の広場にポツンと一人っきりです。
おいちゃんは寝っころがってるし (^^

もちろん、静かに緑に囲まれて歩く山の良さはあるけど。
狭っちい場所ばかり歩いていたので、なんか広々として開放感抜群です。
榛名の森にポッカリ空いた穴みたいで。

 つつじヶ峰の広場
 広場の端に綺麗な木      ミズキの木陰で眠りに誘われるおいちゃん 

ヤマツツジ コアジサイ エンレイソウの種 イカル (はらっぱ作)

つつじヶ峰の分岐で直角曲がりして。
水沢山はまたいつかね。

再び蒸し湯跡を通過し、シダの池に下ります。
相変わらず野鳥撮り連が勢揃いしていますが、一日中いるのだろうか。

リスさんの姿が見えないので、皆んなの真似っこして野鳥の観察撮影です。
超望遠の凄いカメラが、いっせいに重厚な連写音を響かせる。
バシャバシャバシャ ・・・
私はその瞬間に鳥を探すのですが、上手く写真には撮れなかった
私のコンデジのシャッター音はピッ (^^;

 哀愁漂う♂の背中かな (^^;
 いつのまにかリスが来てた           ▲ さようならのお見送り

午後は曇るかと思ったけど、まあまあの天気でした。
再びヤセオネ峠を越えて、メロディーラインを走り下る。

沼の原の途中で車から降ろしてもらい、歩いて松之沢峠まで花探し散歩。
おいちゃんは松之沢峠の駐車場へ直行しました。

しかし期待に反して、花は殆んどなかったのですよ
レンゲツツジとアヤメくらいしか咲いてなかった感じで、ガッカリはらっぱ。
高崎に帰ったら、32℃の暑さだった

 榛名湖メロディーラインへ
 沼の原から榛名富士                ▲ 相馬山
 スルス岩       ▲ 途中までおいちゃんが迎えに来た
 松之沢峠まで涼しい散歩            ▲ レンゲツツジ最終章
 アヤメ          ▲ 沼の原 ゆうすげの道入口
ミツバツチグリ ウマノアシガタ ヤマハタザオ カラマツソウ (蕾)

レンゲツツジ アヤメ ネバリノギラン