2020.01.19 (日)                        K2Couple No.0663

小烏帽子岳
こえぼしだけ(長野県)
2,043m
霧氷願望娘を誘って賑やかに

コース最大標高差 : 310
コース累積標高差(+) : 325
コース累積標高差(−) : 325
コース沿面距離 : 7.7 km
行動時間 : 4'55"
* 距離と累積標高差は GARMIN GPS data です  小梨平より烏帽子岳
  7:10 = 藤岡IC(上信越道)小諸IC = 8:30 地蔵峠p

 地蔵峠p 9:00 - 9:30 中分岐 - 10:15 小梨平 10:25 - 11:05 稜線分岐 11:15 - 11:30 小烏帽子岳(L) 12:20 -

 12:30 稜線分岐 - 12:50 小梨平 - 13:25 中分岐 13:35 - 13:55 地蔵峠p

 地蔵峠p 14:10 = 碓井バイパス = 松井田妙義IC(上信越道)藤岡IC = 15:10 ららん藤岡 17:10 = 17:20


  この地図は、国土地理院発行の地形図を使用したものである (経緯度線は20秒間隔)
烏帽子岳の場所


霧氷願望娘に して、浅間に誘った。
二つの低気圧のせいで天候が読めないので、登る山は現地で決める。

彼女には我が家に来てもらい、乗り合わせて時間通りのスタートです。
群馬は快晴、長野に入っても八ヶ岳や北アが見事な展望でもって大歓迎。
いい天気になって良かったね〜。
浮かれた気分で右手を見れば、ぎゃ〜 浅間山がないよ〜。
膨れた風船がパンクしちゃって、車内しょぼくれマークです。

でもさ、この感じのガスは心配御無用 (^^ 上空は完璧晴れてるし。

 群馬県も浅間も青空いっぱい
 佐久平PA付近で北アに乾杯        ▲ えっ嘘でしょ 浅間連山がない
 あれを忘れたこれがない騒ぎのmichihoちゃん (^^             ▲ 機嫌よくスタート

今シーズンは、未だ霧氷の山に恵まれないらしいmichihoちゃんなので。
何が何でも、きょうは絶対に霧氷が必要な訳で
地蔵峠にて、東西の山の様子を見比べてみるが。
どちらも霧氷の白さがない
強いて言えば、池の平外輪がちょっと白いくらいか。

車で登る途中で、烏帽子の尾根が少し白っぽかったので。
意を決して、烏帽子岳の霧氷に賭ける
もともと彼女は来るつもりだった山だし、我が隊は二週前のリベンジ山。

で、それぞれの思惑を胸にスタートする。

 キャンプ場から篭ノ登山
 最近雪が降った感じはない             ▲ 中分岐は半スル〜

二週間前に比べて積雪量は多いようだが、トレースはバッチリ。
道を外すと30cm くらいは潜る。

二人で大人しく歩くいつもの道と違って、きょうは姐御と一緒で賑やか。
話題も賑やかだし、笑い声も賑やかで楽しいね。
笑う門には福来るって言うし。

上空は良く晴れているのに、周りには雲が多く。
富士山展望スポットでも空振りだった (^^;
八ヶ岳は見えたけど。

 ふっかふかで気持ちいいよね トレース外せば
 終戦直後に生まれた ♂♀ (同年同月生のタメ ^^)          ▲ 霧氷を夢見て水平道を行く
ノリウツギ コエビのシッポ イワカガミの葉っぱ これ何?

小梨平に近づく頃、待望の霧氷林が眼に飛び込んできた
烏帽子稜線に取り付く尾根に沿った木々の梢も真っ白です。
欲を言えば、充分に陽射しが届かず輝きがイマイチだけど。
じっくり待とう。

まあ、輝きは置いといて。
これだけの霧氷には、ただただ当たりくじに感謝あるのみです。
小梨平は霧氷の発生確率が高いエリア、という認識を一層強くする。

綺麗やね〜。

 お待たせ〜

                      小梨平に近付くと落葉松の霧氷に美景の烏帽子岳

 はらっぱとうちゃこ〜          ▲ michihoちゃんもウキウキ

水平道から飛び出した小梨平は、少し風当たりが感じられる。
でもその程度で、それほど寒い訳でもなく。
ドリンク休憩&展望休憩。
地蔵峠ではマイナス6℃だったけど、ここも同じくらいの寒さか。

湯の丸山を眺めたり、雲を冠った四阿山を遠望したり。
烏帽子登山道は霧氷のトンネルを潜るように伸びて、夢の国へ誘うよ

 来る度に撮っちゃう冷凍ズミ
 霧氷景色を撮りまくり大会          ▲ オレンジさまとレッドさま
 烏帽子岳へ行ってみませんか          ▲ 後方はもちろん湯の丸山
 浅間ブルー どんだけ〜           小梨平の霧氷 どんだけ〜

小梨平から稜線に上がるのも。
ギュッと締まったトレースを辿ることになりますが。
いきなりの霧氷トンネルや烏帽子岳の展望に、嬉々として進まず。
青空にビビッドな白で、繊細な刺繍のようだった。

まあここは、お楽しみポイントのひとつでございますから
ゆっくり時間をかけて楽しんで参りましょう。

 ぼちぼち登りにかかりますか      霧氷の木々越しに白い烏帽子が待っている
 遠くの山に心奪われ           深雪に足を取られ (^^;
                              年寄り隊二人はなかなか登って来ないし (^^;
 微風でも霧氷が飛ばされて          松の霧氷は飛ばなそうだけど
                     四阿山と湯の丸に背中を押されて単独行ちっくに
                              浅間の左に浅間隠山
                             烏帽子稜線にとうちゃこ
 稜線に上がると北アの大展望 (雲多いけど)             小梨平を見下ろして

                                     烏帽子稜線の180゜展開ビュー

烏帽子稜線に登り上げると、ぱっと広がる北アの大展望。
雲の塊が右から左に流れるので、その隙間から山座同定する状態だ。
何だかな〜、繋がって見えないからどの山が何山やら難しい (^^;

西に落ち込む谷の霧氷がキレ〜。
とりあえず小烏帽子岳めざして登ることにします
展望稜線だから、あっという間に着くよ。
風は殆んどないようだけど、空気が冷たい。

 もう少しだ               エビの尻っぽ
                              志賀の山を右に見て
                            小烏帽子の肩に頚城の山
                      十年以上前に周回した五龍唐松の後立山稜線
                         白馬三山 ここは20年前に縦走したっけ

お〜い早く来いよ、展望凄いよ。
山頂に行っても、特に展望はここと変わらないと思うんだけど。
確かに 小烏帽子山頂からは烏帽子岳が見えるだけだ。atarimaeda

きょうはここが目的地なので、そろそろ時間も良い頃だし。
ランチにしようと思ったけど、じっと座っているには少し寒すぎるよね。
風の当たらない直下辺りで場所探しです。

 二人で楽しんでるけど               凄い展望だぜ

                           小烏帽子山頂から新たに見えるのは烏帽子岳のみ (^^;

 あっちまで行きたい気もするけど         烏帽子岳は眺めるだけにする (^^;

拡大してみると、烏帽子岳の山頂は大勢のお客さんで繁盛している。
この山域で、きょうみたいに大勢の方と会うことは余りない。
いつもは、数人しか出会わない静かな山なのだ。

っと振り返れば、富士山が雲の間から出たじゃありませんか。
きょうは特別でっかいけど、雪少ねっ。

我が浅間山も忘れてはいけない。
秀麗富士に負けず劣らず、カッコ良く存在感あるな〜。
(前掛山外側火口の中に生じた中央火口丘である釜山は、前掛山より70m以上高い)

 でかい富士山だった  ▲ 主峰釜山とゼブラ模様の前掛山 (手前は籠ノ登山)

山頂直下の岩場を、ランチ場所と決める。
暖かいものが美味しいが、眼の前に展開する山岳展望も美味しいよ。
雲りがちで煌びやかさはないけど、まどろむような山々が連なっている。

登ったことのある山ばかりなので、なお更に感慨深い。

深田百名山を、とっくの昔に踏破したパワ〜溢れる彼女がいれば。
まだ登り残しがいっぱいあるのに、一見で山の名前を当てる彼女もいる
人って ... さまざま。
だから、世の中面白い

 ここがいんじゃねっ            風もなく展望特等席
                             神々が微笑んだか槍・穂高
                              奥秩父の山と富士山
                            全然雪が少ない八ヶ岳連峰
                     後立山連峰ずらり どの山も絶品のおかずですよん

 おなかも展望も満ち足りて撤収           もっと雪が降って欲しいよ

                        大好きな山に未練を残す乙女ごころ (^^;

 うさちゃん             中分岐でお茶などして

きょうのミッションは、幸運に恵まれて成功裏に終わった。
繊細で素晴らしい霧氷を堪能できたし、いつもより賑やかで楽しかった。

浅間サンラインを軽井沢まで走り、碓井バイパスで帰る。
松井田妙義ICから上信越道に乗り、ららん藤岡できょうの打ち上げ
何だらかんだらあることないこと、2時間もおしゃべりして終了。
michihoちゃん またいつかお会いするまで、ごきげんよう

 ららん藤岡のイルミ     ▲ ナイスな烏帽子山行ありがとう、お疲れさま