2021.05.08 (土)   K2Couple No.0715 

坂戸山
さかどやま(新潟県)
634m
雪国越後の里山花旅

コース最大標高差 : 460
コース累積標高差(+) : 610
コース累積標高差(−) : 610
コース沿面距離 : 4.9 km
行動時間 : 5'55"

* 距離と累積標高差は GARMIN GPS data です

 坂戸山頂(実城)貸切り御礼
  4:55 = 高崎玉村SIC/関越道/湯沢IC = 6:10 道の駅南魚沼 6:15 = 6:30 鳥坂神社
 鳥坂神社 6:50 ... 8:25 寺が鼻分岐 8:35 ... 9:15 坂戸山 9:25 ... 9:40 小城 ... 9:55 大城 10:05 ... 10:25 坂戸山 10:30 ...
 10:45 桃の木平 【L】 11:10 ... 12:15 一本杉 12:20 ... 12:45 鳥坂神社
 鳥坂神社 13:00 = 湯沢IC/関越道/高崎IC = 14:40

   坂戸山の場所
 この地図は、国土地理院発行の地形図を使用したものである (経緯度線は20秒間隔)


 谷川岳を貫通する関越トンネル                ▲ 坂戸山

登山口近くの市営駐車場に停めようと思っていたけど。
念のため鳥坂神社に行ってみたら、うまい具合に滑り込めた (^^

今年は、今までよりも時期的に遅い訪問なので。
いつもの花は見られないかも知れない。
ただ雪解けが遅かったので、僅かばかりの期待を抱いてスタートします。
何か新しい発見があればいいな。

コースはいつも通りの左回り。
薬師尾根の階段下りが苦手な人がいるので、必然的にこうなる訳で。

 鳥坂神社脇の駐車場


 鳥坂神社から薬師尾根に乗り、階段を登って山頂まで花の道を行く 

 駐車場にはエンレイソウ       ▲ 駐車場から登ると坂戸薬師堂があり
 アオダモ              ▲ ウワミズザクラ
鳥坂神社 スミレサイシン エンレイソウ ミチノクエンゴサク オオタチツボスミレ
ショウジョウバカマ ジャガ これから咲く予定のズミ ヒメオドリコソウ ニョイスミレ
薬師観音さま ウワミズザクラ ユキグニミツバツツジ ムラサキケマン ナナカマド
ハコベ トリプル鳥居 ツクバネウツギ ガマズミ フモトスミレ

                          ▲ 薬師尾根から六日町の穀倉地帯

 もう暑くなってきた            ▲ 花だらけで困っちゃう
アオダモ アズキナシ 一本しかないらしいコブシ フジ
ツバキ ワラビ イワカガミ

階段登りでヘコヘコする間もなく、花を追いかけて自然に登れちゃう
雪国の里山は花が多くて嬉しい。

坂戸山は展望の山でもあり、越後三山などの残雪の山が素晴らしい。
ただ、きょうは雲量のせいか黄砂のせいか、遠望は期待できなそうだ。
花見に特化。

 ずっと階段なのよね、けっこう急な          ▲ ユキグニミツバツツジとタムシバ
撮影主任 ナナカマドの花アップ ヤマツツジ イワナシの実
 白いイワカガミ           ▲ 咲き残ってたイワウチワ
飛行中をゲット イワカガミ ツルアリドオシ 青空にタムシバ
 花の山です                ▲ イワナシ
タチシオデ タムシバ ようやく八合目 イワナシ
 ユキグニミツバツツジが満開           ▲ 田んぼに水が入ってるね
 切り開きから金城山            ▲ アオダモと松の木
あちこちにアオダモ ウスノキ チゴユリ群生地 山頂に大手だw スミレサイシン
登りながらでも撮る シロバナニシキゴロモ エチゴキジムシロ

時間を気にせずに花と戯れ、いつの間にか山頂に着いた。
いつもなら、眼前に展開する八海山にほれぼれする山頂ですが。
きょうは周囲の山がボケボケなので、何気にスル〜 (^^

前回はカットした大城まで行ってみよう。
いつもの年より時期遅れなので、何か違う発見があるかも知れないし。
地元の人はトレーニング登山が多く、さっと登ってさっと帰る。
そんな訳で、たむろしてのんびりしてる人たちは見かけない。

 この鉄階段を登れば山頂です       ▲ ちなみに、一昨年の山頂ですよん


 山頂から大城までピストン 

 タムシバ三昧              ▲ 大城に向かう
                                     ▲ 大城小城の奥に金城山
                              ▲ 振り返って坂戸山(実城)
カタクリ カタクリの実 タムシバ
タムシバの芯 ニワトコの蕾 イワウチワ ムシカリ(オオカメノキ)
ショウジョウバカマ イカリソウ見っけ チゴユリいっぱい咲いてた プチ鳥居 ヤマツツジ
 ユキグニミツバツツジの咲く道             ▲ ここにも咲いてる
 大城のカタクリ群生地             ▲ オクチョウジザクラ
 フジが咲いてるなんて           ▲ 山頂に戻って切り株で押忍
オクチョウジザクラ チゴユリ スミレサイシン


 城坂コースに周回し桃の木平でランチしたのち、沢筋の花を愛でながらだらだら下る 

 桃の木平のカタクリ群生地       ▲ シンボルの桃の木が朽ちて倒れてた
 一面に広がるカタクリを見ながら           ▲ ハッピーランチにしますね
                           ▲ 桃の木平は雪解けが遅いので、かろうじて間に合った感じかな
 スミレサイシン咲きすぎだよ           ▲ ずっとずっとイカリソウの道
 ニョイスミレもあちこちに            ▲ エチゴキジムシロ
 道沿いには延々と花々が続く               ▲ ミヤマハコベ
 カキドオシ               ▲ タネツケバナ
ニョイスミレ エンレイソウ イカリソウ
キジムシロ ケアブラチャン カタクリ タネツケバナ
アカフスミレサイシン ピンクのキランソウ カキドオシ ミヤマハコベ アズマイチゲ
                ▲ 登山道の雪を片付けていたおじ様と、山菜談義で盛り上がったりして下山
雪解けのカタクリ キクザキイチゲ
     
オトメエンゴサク クロモジ ツクシ 楽しかった