2019.10.26 (土)                       K2Couple No.0655

谷川岳 幽ノ沢
たにがわだけ ゆうのさわ(群馬県)
890m
大雨のあとの曇り紅葉を楽しむ

コース最大標高差 : 150
コース累積標高差(+) : 255
コース累積標高差(−) : 255
コース沿面距離 : 10.0 km
行動時間 : 4'50"

* 距離と累積標高差は GARMIN GPS data です

 幽ノ沢でランチして秋 (^^
  7:30 = 8:00 赤城邸 8:05 = 前橋IC(関越道)水上IC = 9:05 谷川岳RWベースプラザp
 ベースプラザp 9:30 - 10:15 マチガ沢出合 10:25 - 11:05 一ノ倉沢出合 11:15 - 11:45 幽ノ沢出合(L) 12:35 -
 13:00 一ノ倉沢出合 - 13:25 ベンチ(R) 13:30 - 13:45 マチガ沢出合 - 14:20 谷川岳RWベースプラザ
 ベースプラザ 14:35 = 14:40 谷川岳霊園地 14:55 = 水上IC(関越道)前橋IC = 16:00 赤城邸 16:05 = 16:35

     谷川岳の場所


週末になると定期的に襲う台風被害。
昨日も太平洋沿岸にかけて、台風の余波を受けた豪雨被害があり。
こんなに荒れる10月って過去に記憶がなく、例年の秋晴れは何処に

水上地方の天気予報では曇りのようなので。
前夜に半ば強引に赤城隊を誘って谷川岳へ、きょうは雨上がりの土曜日。
ときどき陽射しもあり、水上ICでは予期せぬ虹が。
昨年秋に赤城隊と志賀高原に行ったときも、綺麗な が掛かった。

谷川岳ベースプラザ駐車場には、初めて地上階から入ってみた。good!

 水上ICで虹の歓迎
 谷川ベースプラザの観光バス         ▲ 秋雨じゃ濡れて行こう (^^
 団体さんにくっついて行く          ▲ ロープウェイに乗る人もいる
 谷川岳登山指導センターをスル〜        ▲ 落ち葉と舗装を踏みしめて (^^;

整然と歩く団体さんに置いてかれても。
のんびりと秋色を楽しみながら、ポコポコ歩く4人組。
陽射しを望むのは無理だけど、紅葉の季節を感じるには充分です

同じような景色が続くので、何枚も同じような写真を撮ってしまう。
美しい景色が眼に入ると、勝手に指が動いてシャッターを切っている (^^;
悲しい条件反射

過去に何度も訪れている秋の谷川旧道歩き。
その光景を忘れることはないけど、来る度に新鮮な紅葉の妙です。
きょうはドンヨリした空に、ちょっと愁いを帯びた山裾の秋。
そんな道でも、赤城隊のおかげで楽しい道です (^^

 松ノ木沢の紅葉       ▲ 湯檜曽川対岸の紅葉が綺麗だす

 マチガ沢 

 西黒尾根を廻り込めばマチガ沢が近い           ▲ マチガ沢手前広場
 東尾根岩塔            ▲ 大雨のあとドボドボ

こんな天気だから、マチガ沢には人がいなかった。
朝こそ団体さんに飲み込まれそうになったけど、今は人影まばらです。
マチガ沢はほぼスル〜して、一ノ倉沢へ。

たまに陽射しが届くのですが、基本的には曇りでちょっと残念ですが。
雨が降らないだけいいか。
ベースプラザと一ノ倉沢をピストン輸送している電気バスが。
音もなく近付くのです。

 皆んな仲良くのんびりと       ▲ 紅葉が綺麗だけど紅色は少ない
 警笛を鳴らさずに         ▲ グリーン 「一ちゃん」 が来た
シロヨメナ ノコンギク ムラサキシキブ エゾアジサイ
カニコウモリ マユミ ミズヒキ カメバヒキオコシ
秋来たる アキノキリンソウ ノイバラ イヌタデ
葉っぱ ヤマアジサイ イワウチワ ヒメモヂ

 一ノ倉沢 

                              ▲ 一ノ倉沢まで来ました

観光客の終点ポイントなので、一ノ倉沢出合には人が多かった。
今回は一応ここを目的にしていたのに、おいちゃんが幽ノ沢に行きたがる。
ここで観光客に埋もれるのがイヤなのだ。

赤城隊のお二人が、気持ちよく付き合ってくれたので。
幽ノ沢まで足を伸ばすことになった (^^
ここから先は、舗装路から開放されて砂利道に変わりますよ。
少しは山気分に浸ることができる。

 ここには人が多かった            ▲ ガスの衝立岩上部
 白毛門(ゼニイレ沢)と松ノ木沢の頭       ▲ 谷川岳東尾根に見送られて幽ノ沢へ

ベースプラザを出てから、休みらしい休みをしません。
ちょっと喉渇いたんだけど ・・・
飲めばいいじゃん。

だって、ぜんぜん休憩時間とらないんだもん
休憩時間って、せっせと真面目に歩いてる人のためにあるんだよ。
うちらは適当に休んでるし、飲みたいときに飲めばいいじゃん。

へ〜い 速攻給水タイムゲット (^^

 ドリンク休憩
ゴマナ リョウブ 黄色いモミジ 山道ちっくな落ち葉
 いいねえ       ▲ 雪の重みで曲がったブナの木が続く

 幽ノ沢 

 薄日が射して        ▲ 幽ノ沢出合から少し入ってランチ

おいちゃんは、赤城隊を誘って。
幽ノ沢を少し遡った、紅葉の綺麗な広いスラブでランチにしたかったのだ。
様子を見に上がって行ったけど、水量が多く渡渉が厳しいらしい。

ドボンしたくはないので、安全な場所でランチタイムオープン。
まっ、これで満足顔の単純なおいちゃんなのです (^^

 食後の戯れ 集合写真 take1          ▲ 赤城の詩改め 谷川の詩
 出合に戻り         ▲ 何処からでも見える白毛門
水遊び 赤城隊 貴重な赤 ツル葉

 綺麗な紅葉だったよね〜          ▲ やれやれ帰路ものんびり
 岩山の片鱗          ▲ 白毛門を見ながらポコポコ
 よく歩いたよね          ▲ ちょっと飽きてきた (^^;

幽ノ沢をおまけに付けて、ようやく一ノ倉沢に戻って来た。
おまけの行程を追加したので、一ノ倉沢から電気バスで帰る手もあるし。
バスの時間まで30分もあるけど ・・・ どうする

おいちゃんの心配をよそに、歳はとっても気丈な赤城隊。
昔鳴らした健脚でバスには乗らない。
今週は赤城を2回も歩いたし、きょうが3回目のトレッキングだぜ

 一ノ倉沢が近い        ▲ まだまだ大勢の観光客がいる
 電気バス乗り場のトイレ棟広場 (昔の駐車場)       ▲ 一ノ倉沢に名残を惜しんで歩き出す
 途中のベンチで、おやつ休憩ですよん         ▲ 紅葉の前で もみじ饅頭 (^^

幽ノ沢から休まず歩いて来たので、ベンチでおやつ休憩にしよう。
タイムリーなもみじ饅頭でした

歩き出すと、一ノ倉で30分待ちだった電気バスがス〜っとやって来た。
基本的にこのバスは無料ですが、ガイドさんが乗ってると¥500。
覗いてみたらガイドさんが乗ってた (^^

 オレンジ 「倉ちゃん」 に轢かれるぞ
 これから行くツアーの皆さん          ▲ マチガ沢をあとにする

ベースプラザに着いて、やれやれ。
きょうは良く歩いた。

帰りに霊園地に寄り、遭難者の霊を慰める。
美味しい大福付きの紅茶タイムをして、少しのんびり過ごした。

きょうは、どのくらい歩いたんだろうか
スマホ(YAMAP)を確認したら、10.3Km になっていたのよ。
リイ様の万歩計は、15,000歩と記録されていました。
これは最近の新記録かも ・・・ K2隊にはいつも歩かされる butubutu

来てから帰るまで15℃くらいで、過ごしやすい一日だった。

 谷川岳霊園地

  ☆ レポ作成にあたり、赤城隊から提供された画像をたくさん使用しています。 この場を借りて御礼申し上げます (^^